東京での会社設立なら税理士まで

東京には本当にたくさんの会社があり、これから新規に会社設立を考えている方も多いですよね。
そんなときは、税理士にいろいろな相談ができることを知っていますか?
これをやると、会社設立の手間が省けたり、その後の運営がスムーズになったりします。

たとえば、会社設立自体は決意しているものの、本当にこのまま起業してうまくいくのか、不安があったりしませんか?
これが初めての起業になる方など、どれだけ綿密に準備しても、一抹の不安はありますよね。
そんなときに税理士まで相談するといいんです。
本当にそんな相談ができるのか、これまで税理士に一度も相談したことがない方など、その不安もあるかもしれませんが、ここは大丈夫です。
東京で会社設立のサポートをしている税理士の中で、起業相談などに応じていない方はほとんどいないくらいですね。
それだけこれから会社を作る方で、起業について不安や疑問がない方はいないくらいですから、税理士の方でこの相談には積極的に応じてくれます。

この相談を通すと、今考えている起業のプランを客観的に確認してくれます。
それができるのは、税理士が会計の専門家でもあるからです。
どれだけのお金を用意し、それをどう運営して、最終的にどれくらいのお金が残ったのかといった流れを、正確に記録できるんですね。
税理士がこれに詳しいのは、これができないと税金の計算もできないからです。

そのため税理士は会計にも詳しいのが基本ですから、これから考えている会社設立について、無理のない合理的な計画になっているか、会計面から確かめてくれますよ。
現在の計画だと、用意したお金が途中でなくなるといったことや、数字の計算がやや甘く、もう少しシビアに計算すると予算が苦しくなるといったことは、初期の計画ではありがちなことです。
このようなことになっていないか、税理士の方で確かめてくれるんですね。
単純な計算間違いなどもここでよく見つかって修正できますから、東京での会社設立にあたってとても役立ちます。

ここでチェックできる内容には、税金も含みます。
一般の方が完璧だと思った計画には、税金のことが抜けていることも多いですね。
これら税金について指導やアドバイスができるのは、税理士の特権です。
ほかの専門家では対応したくでもできませんから、その意味で税理士への相談はとても有効ですよ。

このように相談は税理士に依頼できる大きな内容の1つですが、依頼できるのはこれだけではありません。
実際に税理士まで会社設立の手続きも依頼できます。
どれだけ完璧な計画ができても、実際に手続きを終わらせないと東京での会社設立も終わらないのですが、実際の手続きも手間がありますし、内容がややこしいことも多いです。
ここを請け負っている専門家は多く、税理士もその1人です。
実際に手続きを代わりにやってくれるため、起業希望者本人はその間、本業に専念できますよ。

そのほか、起業が終わった後のことについて、相談や依頼などもできます。
たとえば会計処理の手続きなどですね。
起業が終わったら、ただちに法人としての活動をスタートすることになりますが、このときには会計処理もきちんとやらないといけません。
簡単な個人自営業なら自己流の家計簿に近い記録でもいいのですが、法人ではなるべく標準的な記録方法が望ましいですね。
そちらの方が節税になることも多いですから、その方法での会計を希望する経営者も多いです。

そんなときに、税理士までその会計処理について依頼ができます。
たとえばその記録方法について教えてもらったり、その税理士の方で記録を請け負ってもらったりと、実際の依頼はさまざまですが、つまりは標準的な会計ができるようにしてくれます。
起業前の段階でも、このような依頼を先にやっておくこともできますから、会社設立後を見据えてお願いしておくのもいいでしょう。

このように東京では税理士にいろいろなことを相談・依頼できるのですが、それぞれの税理士の専門分野は事前によく確認してください。
起業前の相談や依頼をオススメするのは、会社設立を特に専門としている一部の税理士です。
東京にいるすべての税理士が、このような分野のすべての相談や依頼に、必ず応じられるわけではありません。

特に会社設立の手続きの代行などをお願いしたいときは、その税理士の専門はよく確認するといいです。
なぜなら、これらは税理士の本業ではないからですね。
この手続きの流れは書類の作成や提出などになるのですが、ここで作成する書類は税務関係のものではありません。
提出先も税務署ではなく、それとはまったく関係ない別の役場になります。
つまり税理士の本業とは違う仕事をお願いする形になりますから、すべての税理士が必ず対応できるわけではありません。
これを専門としていない税理士も東京にはたくさんいますが、それらの方では会社設立の手続きの代行まではできないこともあります。

起業関係に特化した税理士なら、本業から少し外れるような依頼にも応じられるように準備しており、すべてをまとめて依頼できたりしますから、手続きなどもお願いしたいなら、税理士をしっかり選んだ上で依頼をしてください。