会社設立に関して税理士・会計士はどう違う?

会社設立するときには税理士を必要とするときも多いですが、会計士という専門家もいますよね。
税理士と会計士は似ているとよく言われますが、会社設立に関してそれぞれどんな相談ができるのでしょうか?

まず税理士ですが、こちらは税務の専門家として、起業にあたってかかる税金の案内や、その計算などができます。
これから立ち上げる法人組織にかかる税金をあらかじめ確認しておき、そのお金を用意しておくと、経営が楽になりますね。
そのような重要な相談やシミュレーションができるのが、税理士です。
また、この分野を特に専門としている税理士なら、会社設立の手続きの代行にも応じられることがあります。
職権から代行できない部分は他の専門家まで委託するなどして、すべての手続きを完全に肩代わりしてくれる税理士もよく見つかりますよ。
税理士には主にこのような依頼ができます。

では会計士はどうでしょうか?
あくまで会計士単体の資格でいうと、対応できるのは事業計画のチェックのほか、会社設立の手続きの代行にもやはり応じられます。
事業計画のチェックなどできるのは、会計面から見て問題がないかどうか、それを判断するのがこの専門家の本業だからですね。
現役企業を相手に、このようなチェックを普段からやっていますから、経験則でもこれら事業計画の問題の有無を判断してくれますよ。
また、会計士は会社設立の手続きを直接代行できることがあります。
必ず必要になるのは登記という手続きで、これは司法書士だけが代行できる業務ですが、一部の業務にともなって必要になる場合は、会計士でも代行できます。
そのため、会社設立の手続きの代行を請け負っている会計士もいますね。

税理士と会計士にはこのような違いがあります。
どちらも近い部分もありますが、税金に関する案内やシミュレーションなどは会計士では対応できないため、ここは税理士に依頼する必要があります。
事業計画のチェックや税金の案内、そして手続きの代行などすべてを依頼したいなら、これを専門とする税理士まで依頼するといいでしょう。