東京で会社設立後に税理士に頼めること

東京で会社を設立後、税理士に頼めるのは、たとえば税務署への届け出のサポートです。
設立した会社の運営をスタートしたあと、もうすぐにでも法人の税務もスタートしないといけません。
その準備のための届出をしないといけないんです。

基本的な書類は、法人設立届出書です。
東京で会社組織を作ったことを税務署に教える書類です。
国内で会社を作ったら設立日の2か月以内に出さないといけない書類で、東京で会社設立したときももちろん必要。
管轄となる東京の税務署まで、これを出さないといけません。

ほかにも会社を作ったら源泉徴収税の対応をしないといけませんよね。
会社の従業員はお給料から税金が天引きされ、税務署の方へと納税されます。
この役目は会社がやるため、東京で会社設立したらこの書類も出さないといけません。

このような届出には、必要に応じて利用できる特例関係の書類もあります。
たとえば青色申告の届出など基本ですね。
これは所得を計算するときの特例がある特別な申告方法のことで、申告が少し複雑にはなりますが、税金が少なくなるような特例措置があります。
これから東京で会社を運営していくために、このような使える特例は使っておくのがオススメです。

このような各種届出のサポートについて、東京の税理士まで頼めることが多いですね。
依頼のタイミングなどは会社設立後になります。
お願いすると必要な届出を教えてくれますから、自分で調べる必要がありません。
また、書類を代わりに作ってくれることもありますし、決めないといけないこれら書類の項目を一緒に考えてくれたりもします。
設立後の税金関係の手間が一気に減りますから、かなりオススメです。

また、東京での会社設立サポートに力を入れている税理士なら、そのほかの社会保険関係の手続きの代行などをしてくれることもありますよ。
会社の設立後、すぐに本業に力を入れたい方など、このような税理士のフルサポートを使ってみるのもいいでしょう。
このように東京の税理士には会社設立後の必要な手続き等をお願いできます。