東京の税理士に頼める会社設立手続とは

会社設立するときは税理士へと、よく言われますよね。
それは起業前の事業計画のチェックや、法人にかかる税金の確認のために勧められることも多いのですが、それだけではありません。
会社設立のための手続自体も依頼できるんです。

具体的にいうと、定款の作成、その認証や登記の手続きになります。
これらが会社を作るための基本的な手順なんです。
東京でこれらを終わらせれば、東京に自分の会社を作れます。

もう少し詳しくご紹介すると、定款とは会社の正式名称や本社の住所といった基本情報や、運営の規則を詳細に記載した書類です。
会社の憲法とも言われる重要書類で、これがないと会社を立ち上げられません。
そして作れば終わりではなく、これを公的な役場で内容を確認してもらい、記録してもらいます。
その後、その定款を法務局で登記します。
登記とは公の帳簿のようなもので、そこでその定款を登録し、第三者でも確認できるようにするんです。

このような手続きとなり、簡単そうに見えますが、自力でやるのはかなり大変です。
そのため会社設立の手続は専門家がよく代行しており、東京でもよく起業希望者が募集されています。
それをやっている東京の専門家の1人が、税理士になるんですね。

手続を完全代行している税理士も多く、この場合は定款の作成から登記まで、すべての流れをやってくれます。
起業希望者の方では、作成された定款の確認など、部分的に確認作業を行ったり、資本金の振り込みといったことだけを行います。
これらその他の手続は、代行を依頼した税理士の案内でやればOKですから、難しいことはありません。

このように手続を完全代行している東京の税理士に頼めば、会社設立の手続きを何もしなくても会社を作れます。
ちなみにこのような代行をやっている専門家はほかにもおり、司法書士などやはりすべての手続きを代行できるとして有名です。
これら他の専門家と同じことを、会社設立を専門にする税理士はやってくれます。
ついでに税務関係の依頼もできて便利ですから、これら手続は税理士にお願いするのもオススメですよ。