税理士は会社設立に必要?

東京で会社設立するときに税理士といわれて、依頼内容についてイメージがあまり湧かない方もいるのではないでしょうか?
税理士には特に依頼をせず、会社を作った方などもいますからね。
その手続きの流れから言えば、税理士でないとどうしても対応できないフローなどは特にありません。
しかし実際には税理士を必要とすることは多く、依頼や相談をして会社設立する方は多いですよ。

この分野で税理士について相談すると、事業計画のチェックなどをお願いできます。
手続きとして必須ではありませんが、実際に会社を作って運営していく上ではとても大事なステップです。
そして東京でこれをお願いできる主な専門家は、税理士になるんですね。
これをお願いすると、その事業計画を税理士の方でチェックし、現状の評価を教えてくれます。
改善した方がいいポイントがあれば、それも教えてくれますね。
どう改善すればいいかといった対応策まで具体的に指摘してもらえますよ。

このような対応ができるのは、税理士は普段から企業経営に関わっているからです。
税理士は税務の専門家として、これら企業からの依頼もよく受けています。
その中で、どのような事業計画なら成功しやすく、どのような計画で失敗しやすいのかを知っているんですね。
その経験を活かして、これから起業する方の計画もチェックし、成功しやすい計画になっているか、少なくとも失敗しやすい計画になっていないか、これらをチェックしてくれます。
このようなステップを通したかどうかで、起業後の成功率も変わってきますよ。

会社設立を専門分野の1つにしている東京の税理士なら、このような相談を受けられることが多いです。
この相談は一度きりではなく、何度でもできることも多いですよ。
税理士にまず計画をチェックしてもらい、改善点を指摘されたらそれに合わせて修正し、またチェックしてもらいといったことを繰り返し、事業計画をブラッシュアップできます。
専門家からもOKが出るような計画を作れてから起業すると、成功率も高くなります。
このようなわけで、税理士は会社設立に必要なことが多いです。