会社設立で使えるツール

ツール

・会社設立と運営のためのツール
ここでは、会社設立手続きや、手続き完了後に使える便利なツールをいくつか紹介したいと思います。
例えば、タスク管理アプリなどを上手に活用すれば、手続きのミスを極力減らして、書類作成業務を円滑に進めていくことができます。
非常に便利なツールやサービスがたくさんありますので、ぜひ参考にしてみてください。

・必須!会計ソフトと青色申告ソフト
まず真っ先に用意した方がいいのは、会計ソフトと青色申告ソフトです。
会計ソフトというのは、いわゆる経理をデータ化できるソフトになります。
ソフトを使えば、経理計算が非常に簡単になりますので、経理職員を雇えない小規模な会社でも、簡単に帳簿をつけていくことができます。
一方、青色申告ソフトは、確定申告の時に必要になるソフトです。
決算書の作成や、確定申告書の作成などを、データを入力するだけで簡単に作ることができます。
この二つのソフトがあるだけで、経理作業が非常に捗りますので、必ず用意をしておくようにしましょう。
ちなみにソフトの購入費用は、経費として計上することができますので、必ずソフト購入の領収書を残しておくようにしましょう。

・情報を共有!クラウドサービス
会社内の業務を、クラウドサーバーを利用して共有するようにすれば、非常に業務が捗ります。
専用のサーバーを設置して社内のパソコン同士を繋げば、社員それぞれがディスクを離れずに業務の進捗を確認したり、データをやり取りすることができるようになります。
効率化の面においてクラウドサービスは、非常に便利なツールですので、ぜひ積極的に活用するようにしましょう。

・スケジュール管理アプリ
会社設立手続きのタスク管理として、スケジュール管理アプリを利用することをお勧めします。
必要な手続き事項を入力して、タスク管理アプリにまとめておけば、不備無く必要書類を作成できます。
手書きのメモ帳よりも使いやすく見やすいですので、こういったツールはどんどん活用していくべきです。
インターネットで検索すれば、無料で利用ができるタスク管理アプリがたくさんヒットしますので、そちらを活用して、必要書類をひとつずつを作成していけば、会社設立に掛かる時間を大幅に短縮することができるでしょう。

・会社設立の書類作成が簡単にできるサービス
会社設立の必要書類を、雛形に入力してくだけで簡単に作成できるサービスがインターネット上にあります。
そういったサービスを利用して書類を作成していけば、スムーズに手続き書類を用意することができますので、活用してみましょう。

会社設立から営業開始までの準備

会社設立

会社設立をしたのは良いものの、営業開始までどのような準備をすれば良いのでしょうか。
準備は常に万端にしていないと、さすがに大変なことになってしまいます。
よくあるパターンとしては、よく準備もしておらず営業開始となった結果、経営や運営が上手く回らず、結果的に廃業してしまうというパターンです。
会社や企業は赤字計上もできるので、何年かはそれで持つということもあります。
しかし、準備不足のまま会社設立をしてしまえば、結果的に自転車操業になるということも珍しくはないのです。
特に日本のように大企業が少なく、中小企業ばかりの社会では、そういう事例も多いです。
とりあえず会社設立に関しては簡単になっているものの、簡単になったがゆえに倒産の件数も増えてしまうということがあります。
準備不足が関連して倒産するということはあまりありませんが、営業開始まで時間があるのなら準備は徹底的にしておいた方が良いです。

まず、会社設立後に必要となる準備としては、やはり事業をどのように回すかという点だと言えるのではないでしょうか。
事業を回すためには、場合によっては事務所や店舗が必要となります。
事務所や店舗を回すためには、そこで働く人が必要となるでしょう。
しかし、ただ働くと言っても設備や備品がなければ仕事になりません。
それらの準備を進めていなかったら結果的に事業も回らずに、営業開始しても業績が伸びなくなっていくでしょう。
つまり、最初の準備が上手く言っていないと、会社設立をしても継続して成長していくことが難しくなってしまうのです。
まずは色々と準備をして、営業に必要なことから進めていくようにしましょう。
特に個人事業主やフリーランスの場合は良いですが、人材を確保しようと思っている方は、早め早めに行動しておかないと危険です。
いざ営業日になっても働く人がいなければ、企業としてそもそも成り立っていないということになりかねません。

なお、準備に関してはわからないこともあると思うので、そういう場合は専門家に相談してみてください。
会社の経営や企業の運営となれば、コンサルタントは多々います。
そういう経営コンサルタントに相談することで、必要な準備も進むでしょう。
また、その他手続きや申請が必要となる場合には、司法書士や行政書士などが便利です。
その他、実際に営業開始後に必要となってくるのが税務です。
それらの税務は税理士に任せてしまうというのが良いかもしれません。

会社設立年金事務所届出

会社設立01

会社設立年金事務所届出は起業にあたってチェックしておきたいことの1つになっています。
会社を作ったら年金事務所に届出を出さないといけないのです。
何のためかというと社会保険の手続きをするためです。
会社では専用の社会保険があることも多いですよね。
勤め人になるメリットとしてこれら保険に加入できることがよく挙げられています。

新しく作ったその会社がそのような社会保険に加入するには、事前に年金事務所まで届出がいるのです。
これは誰がやるのかというとその会社の経営者がやるのです。
設立直後の会社の経営者は発起人となっていることが多いですから、設立者がやるべき会社設立手続きの1つとして年金事務所への届出もよくチェックしておくといいでしょう。

実際にどんな届出をやるのでしょうか?
これはまずその企業用の年金や健康保険への加入申請の届出です。
新しく作ったその法人単位で企業用の年金や健康保険に新規加入するとき、この届出を出します。
会社設立した段階ではまだこれら社会保険には未加入となっていますから、これに加入するように手続きをしてください。

そしてこれら社会保険の被保険者の資格取得に関する届出も行います。
これはその会社の従業員や関係者となり、その会社を通して企業用の社会保険の被保険者となる人全員分の書類を提出します。
会社設立の段階ではまだ従業員などを雇っておらず、創業社長1人だけということも多いでしょう。
このときはその社長の分の届出だけでOKです。

会社設立の段階ですでに従業員を雇っている場合は、その従業員の分もこの段階で届出をしておきます。
ケースに合わせてこの届出も用意してください。

なお、これら社会保険では扶養家族がいる場合には届出が必要になります。
会社設立した創業社長や、この段階で雇った従業員にそれぞれ扶養家族がいる場合は、その扶養家族に関する届出も一緒に作成して提出します。

会社設立年金事務所届出はこのようになっています。
つまりは社会保険関係の届出をする形になりますから、必要な書類を揃えて届出してください。

なお、これら社会保険への届出は必須なのかというと、そうなる場合が多いです。
入りたい場合だけ届出、そうでない場合はしなくていいというものではない場合も多いのです。
必要性の有無はその会社から給料をもらう人がいるかどうかですが、創業社長の収入も起業後は会社からの給料とみなされるのが普通です。
そのため誰も従業員を雇っていないときでもこれら社会保険への加入は必要となることが多いのです。
これら届出は忘れないようにするといいでしょう。

会社設立後に避けて通れない業務の経理をどうするのか?

会社設立

東京で会社設立をする場合には、会社を設立することに追われて、なかなか意識することが難しいですが、会社設立後に避けて通れない業務があります。
それは経理で、すべての法人がしなければならない業務で、会社の大きさによっても変わってきますが、様々な業務があるのです。
大企業なら、財務・経理・経営企画・営業管理などそれぞれの部署で個別に業務でも、中小企業ならすべて経理部門で行うといった場合も少なくありません。
経理の仕事を大きく分けると、元資料の整備・伝票の起票・元帳への記帳・現金の出納業務などの毎日の業務があるのです。
また、売上請求書の作成と郵送・回収金管理・経費等支払関係の管理・給与計算及び支払・元帳への記帳などの毎月の業務もあります。
それから決算書の作成・法人税や消費税などの申告書作成・納税・年末調整手続きなどの毎年の業務があるのです。
こうした業務以外にも財務関係業務として、資金繰り状況の把握や借入金の実行・返済などでの金融機関との折衝、経営企画として予算の作成や予算実績の管理、経営分析など、中小企業の経理業務はとても幅広くあります。

東京で会社設立してから、こうした幅広く複雑な経理を自力で実行する経営者もいますが、そうすると経営者の本業以外の経理業務に時間をさかれてしまうという大きなデメリットにもなるのです。
逆に、経営者の手から経理業務が離れた途端に業績を伸ばすことができたというケースも多く見られます。
ですから、経理業務で本業が疎かにならないようにするためにも、会社設立や創業支援について早い段階から税理士に相談してみることもおすすめです。
なぜ税理士に頼ってみることがおすすめかというと、財務諸表の作成や会計帳簿の作成・記帳代行業務、財務の分析などといった税務や会計の専門家として経理に関する付随業務を任せられるからです。
また、高度な知識や経験に基づいた企業への経営指導や経営戦略の相談などといった経営コンサルティング業務を通じて、企業の経営を幅広くサポートするのが税理士の業務としてあるからです。

このように経理業務を含め企業の経営を幅広くサポートしてくれる税理士ですから、どのような税理士を選ぶのかがとても重要になってきます。
税理士を選ぶ時のポイントもいろいろとありますが、質問の回答が早くて丁寧、フットワークが軽くて企業への訪問にも対応してくれるなどが考えられるのです。
また、資金調達の知識があるか、節税に関する知見をしっかり持っているか、役員報酬などのアドバイスを的確にもらえるかなども重要なポイントになります。
これらをひとつの参考として頼れる税理士を選ぶと良いです。

東京の税理士に顧問契約は頼めるか

東京で会社設立するなら、税理士へ顧問契約を頼みたいことも多いでしょう。
それも地元の税理士まで頼めることの1つです。
顧問契約とは、その税理士が専属の担当となり、税務の手続きの代行や、相談の受付などを継続的にしてくれる契約のことです。
本来なら税理士への相談などはその都度有料ですし、依頼をしたときもほかのスケジュールで忙しいと断られることもあります。
そのようなことが少ないのが、顧問税理士です。
“東京の税理士に顧問契約は頼めるか” の続きを読む

中小企業ができる税理士への依頼内容

これから会社設立するとき、いきなり大企業を立ち上げられることは少なく、どちらかといえば、最初は中小企業の立ち上げとなることが多いでしょう。
ときにはその会社の従業員は社長1人だけといった超零細企業になることも実際には多いでしょうが、これら中小企業の立ち上げにあたって、税理士にはどんなことを依頼できるでしょうか?
“中小企業ができる税理士への依頼内容” の続きを読む

ベンチャー企業の節税は税理士まで

これから立ち上げるのが、いわゆるベンチャー企業になる方も多いのではないでしょうか?
チャレンジとしての要素が強く、失敗する確率も低くはないものの、成長速度が速く、軌道に乗れば大きく稼げたりする会社ですね。
このような会社の立ち上げを考えているなら、税理士に節税の相談ができることを、ぜひ知っておくといいですよ。
“ベンチャー企業の節税は税理士まで” の続きを読む

東京の税理士の会社設立関係の費用とは

東京の税理士まで会社設立に関するいろいろな依頼ができますが、もちろんタダではありませんから、費用のことは知っておきたいですよね。
依頼の内容によっても費用は変わりますが、よくある依頼のパターンでは、5万円ほどになることが多いですね。
その依頼とは、会社設立の手続きをその税理士までお願いするというもの。
一連の手続きすべてをお願いすると、その税理士まで5万円ほど払えば、事前の相談から登記の手続きまで、基本的にすべてやってくれます。
“東京の税理士の会社設立関係の費用とは” の続きを読む